遊郭・飛田新地で中国人“爆買い” 街の関係者の表情はさえず…なぜ?
参照:https://www.sankeibiz.jp/econome/news/150905/ece1509051711001-n1.htm

【マニアック街道】

遊郭の名残をとどめる大阪・西成区の飛田新地に、中国人観光客が押し寄せている。
ツアーで都心のホテルなどに泊まり、夜は男同士で示し合わせ、女性や子供と別行動で“
お楽しみ”の時間を過ごしているようだ。お得意の“爆買い”でお金をたくさん使って
くれ、街は繁盛してホクホクかと思いきや、料亭を束ねる飛田新地料理組合からは
意外な反応が返ってきた。

いわく「一過性の外国人客だけを相手にする商売は“先”がない」。
3年後の平成30年は新地が誕生して100年。それに向け、組合はサービスを
含め大胆な改革を検討している。

8月のある夜、飛田新地で中国語で話しながら歩く男性3人組を見つけた。
いずれも30歳前後。Tシャツやポロシャツに半パン、ジーパンというラフな格好で、
ホステスの女の子や客引きの年配女性が座る店の玄関口をのぞきながら通り
を行ったり来たりしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

飛田新地の求人情報【飛田求人ナビ】公式サイトの新着