G20サミットの大きな注目点は? 世界中のリーダーが大阪に集結

G20サミットとは、メンバー国(下記参照)や招待国の首脳、国際機関など、37の
国や機関が参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議です。

2019年は日本が議長国となり、大阪で開催されます。日本がこれまで経験した
ことのない大規模な国際会議となります。

メンバー国は、G7(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・
カナダ・欧州連合〔EU〕)のほか、アルゼンチン・オーストラリア・ブラジル・
中国・インド・インドネシア・メキシコ・韓国・ロシア・サウジアラビア・
南アフリカ・トルコ(アルファベット順)となっています。

また、招待国・国際機関は、オランダ、シンガポール、スペイン、ベトナム、
ASEAN議長国(タイ)、AU議長国(エジプト)、チリ(APEC議長国)、セネガル
(NEPAD議長国)、国連(UN)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関
(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構
(OECD)、アジア開発銀行(ADB)、世界保健機関(WHO)となっています。
近年取りあげられる議題として、世界経済、貿易・投資、開発、気候・
エネルギー、雇用、テロ対策、移民・難民問題等があります。

飛田新地の求人情報を【飛田求人ナビ】より
https://tobita-huuzoku.com/