飛田新地の求人情報サイトの所在地である大阪は
関西以外の地域から見ると不思議な地域、大阪。喋り方や独特の文化など、
他の地域からすると理解しがたい行動もちらほらとあります。

そして、そんな大阪の人に対して、他の地域に住む人たちからはあまり良い
イメージを持たれていなかったりします。

しかし、先入観で物事を判断してはいけません。大阪人の特徴や性格を今一度、
確認してみましょう。

「面白い」が最大級の褒め言葉
関西にはお笑いの文化があります。毎日、テレビでもバラエティ番組をやって
いるので、お笑い文化と言われても関西以外の地域の人にはピンと来ないかも
しれません。

例えば、テレビを観ていて、旅番組などででありがたいお寺や仏像が映ったとき
に視聴者は手を合わせたりするでしょうか?テレビに向かって手を合わせるまで
はしないでしょう。

しかし、もしも自分がその旅番組で映っていたお寺に行ったり、
仏像を前にすれば手を合わせます。つまり、テレビで観ることと、現地で実際
に見ることは全く別物なのです。

大阪人にとってのお笑いもそうです。テレビで観るお笑いと、現地の大阪人と
触れ合って感じるお笑いは似ているようで違うのです。その笑いに対して大阪人
は過剰なまでの自信を持っています。

自分の自信のある部分を他人に褒められると嬉しい気持ちになります。なので、
大阪人にとっては自分たちが誇りに思うお笑いの部分を褒めてもらえる「面白い」
という言葉が最大級の褒め言葉になるのです。

また、大阪人はみんなお笑いの部分を褒めてもらいたいために、他人と常にしの
ぎを削っています。

大阪人といえば関西弁
大阪人といえば、関西弁を想像する人は多いです。しかし、想像されるのは、
たいていコテコテな大阪弁です。

ぶっきらぼうで、乱暴な言葉遣いのように関西弁を思っている人もいますが、大阪弁も
地域によって少しずつ違います。よく想像される定番でわかりやすい関西弁を
使うのは関西でもディープな地域です。

ここから以下は、関西弁で話してみたいと思います。できるだけ関西弁のニュアンス
が伝わるように、「です」「ます」を使わずに、できるだけ話し言葉で書きます。

大阪人が外に出たときのプレッシャー
大阪人がめっちゃ面白いやつって思われることは嬉しいことやねんけど、実は関西
から出たときに外の地域の人らにそう思われるとプレッシャーに感じるときもある。

この人は大阪人やから口を開けば面白いことを言うで、って期待感がめっちゃ伝わっ
てくるときがある。いくら大阪人でも24時間ずっとお笑いのことを考えてるわけ
ないし、仕事中とか真剣な話ししてる場でも雰囲気を和ましてくれると思われる
ときもある。

無理して期待に応えようとして、話しの最後にオチを付けても練られた話しじゃ
ないからスベる可能性も高い。そんなときに、「大阪人でもこんなもんか」と
思われてしまう。これは不本意極まりない。

飛田新地の求人情報を【飛田求人ナビ】より

飛田新地の求人情報

飛田新地 求人情報