大阪市西成区の「飛田新地(とびたしんち)」には日本最大級の遊郭が残っており、
「鯛よし百番と飛田新地」によると「難波新地乙部遊郭が1910年に全焼したの
を受けて、1916年に飛田遊郭が生まれました。

1912年に完成した旧通天閣を中心とした新世界は、第1次大戦後の好景気で大い
ににぎわいます。

新世界からほど近い飛田遊郭も昭和初期には200軒を越える妓楼が軒を連ねます。

戦災でほとんどの店は消失しましたが、再び赤線としてよみがえり、
1958年の売春防止法以後は料亭に転じたことで、現在もなお、伝統的雰囲気を
色濃く残す街並みとその営みが保たれていますとのことで、非常に貴重な建物が
多く残っており、実際にこの地域の最も古い建物であり、料亭でもある
「鯛よし百番」は国の登録有形文化財にも認定されるほど。

さらに進んでいくと、一帯には以下のようにズラリと「ちょんの間」スタイル
の店が軒を連ねており、仕事帰りと見られるサラリーマンふうの男たちなど
が前を歩いています。

大阪には他にはない独特の遊里がある。

それは「新地」と呼ばれるもので、大阪府内には現在5カ所が存在している。

その5カ所というのが、飛田・松島・今里・滝井・信太山。

これらに共通しているのが、いずれも戦前から戦後にかけて存在していた
遊廓や赤線から脈々と続いている点。

昭和33年の売春防止法施行に伴い、全国の赤線が廃止され、表向き公娼制度
は廃止された。

しかし、その後も「旅館」やら「料亭」といった名目で営業を続け、平成の世
になった現在も現役であり続けている。
中でも代表格と云われているのが飛田新地だろう。

飛田新地の求人情報を【飛田求人ナビ】より
https://tobita-huuzoku.com/