飛田新地 求人情報

概要
1958年の売春防止法施行以後は料亭街『飛田料理組合』となっているが、現在も
転向以前の雰囲気を残している。

大部分の「料亭」は看板は料亭であるが、営業内容は1958年以前と何ら変わりが
ない。表向き料亭に転向[1]することにより、料亭内での客と仲居との自由恋愛
という脱法行為として売春防止法を逃れられたためである。

現在料亭(本来の料亭)として営業している「鯛よし百番」は、大正中期に妓楼
として建てられた建物を使用しており、2000年に国の登録有形文化財となった。

2015年9月23日放送の探検バクモン「ニッポン労働ブルース~人情編~」にて町並み
が放送された。

歴史
1912年(明治45年)1月16日、難波新地乙部遊廓が全焼するミナミの大火が発生。
廃業・移転を迫られた業者たちによって阪南土地建物会社が設立され、阿倍野墓地
北西の低地に代替地を求め、1916年(大正5年)に築かれた。規模は、22,600坪。

1918年(大正7年)には既に100軒あまりの妓楼が並んでいた。妓楼の数は昭和初期
には200軒を超える。

花街も戦災を免れた唯一の廓である[4]。戦後にいわゆる赤線となった。

飛田新地の求人情報を【飛田求人ナビ】

飛田新地の求人情報