飛田新地の体験入店について詳しく解説!給料や待遇などわかりやすくまとめてみた

飛田新地の給料の高さに惹かれ、飛田新地で働いてみたいと思っている女性も多いでしょう。しかしそういった女性の中にも「いきなり働くのはちょっと…」と思っている人もいるはずです。まずは体験入店をして、どのような業務内容か実際に確認したいですよね。そこで今回の記事では飛田新地の体験入店の業務内容と体験入店するまでの流れを紹介していきます。飛田新地で働くことに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

飛田新地の体験入店の業務内容

日本人女性

はじめに、飛田新地の体験入店の業務内容を紹介していきます。

体験入店でも業務内容は、日常的に勤務している女性と何も変わりません。

まずは、お店の玄関で「客引き」をします。恐らく、この客引きが飛田新地で初心者の女性が一番難しく感じる業務でしょう。

自分の見た目や仕草でお店の前を通るお客様を魅了しなければならないので、かなりハードルが高いです。

初めてだと上手くいかないことの方が多いですが、笑顔を絶やさず頑張ってください。客引きが出来たら、次はお客様と一緒に2階へ行きます。

その後、お客様へお茶とお菓子を持っていきます。また、ビールなどもあります。

その後、ゴムフェラとゴム本をします。基本的に飛田新地ではキスや女性へのボディタッチはNGとなっていますが、妖怪通りの一部のお店では解禁している所もあります。

そのため、ご自身の判断でお店を選んでください。

飛田新地の体験入店の給料

給料

次に飛田新地の体験入店の給料を紹介します。

体験入店だからといって、貰える給料が少ないことはありません。

普段、飛田新地で働いている女性と同様、接客したお客様の人数と時間で給料が決まります。飛田新地での給料は下記のような仕組みです。

(お客様の利用料金-消費税「1,000円」)÷2=女の子の給料

基本的にどのお店も15分からの接客時間で料金を11,000円に設定しています。

15分の接客の場合、女性は5,000円を給料として貰えます。日給にすると、5万~10万円が平均的だと言われています。

人気の女性になると、日給が15万円を超えることもあります。

体験入店でも上手く客引きができれば、日給15万円は難しくても、10万円越えを狙うことは可能でしょう。飛田新地の給料に関しては下記の記事で詳しく紹介していますので、さらに知りたい人はぜひ参考にしてください。

飛田新地の給料って本当に高額?気になる日給や月給を徹底調査!

飛田新地の体験入店するまでの流れ

和風な街並み

次に飛田新地の体験入店するまでの流れを紹介していきます。

ここまでの記事を読んで、「飛田新地の体験入店してみたい!」と思っている人もいるでしょう。

しかし、体験入店するためにはどうすればいいのか、分からない人も多いはずです。

そういった人のためにこれから飛田新地の体験入店をするまでの流れを詳しく紹介しますので、参考にしてください。

①求人サイトで相談する

まずは求人サイトで相談しましょう。飛田新地の求人サイトでは相談方法は主に下記の3つです。

  • 電話で相談する
  • 問合せフォームから相談する
  • LINE公式アカウントから相談する

面接日は遅刻なく、確実に面接ができる日程を指定しましょう。

もし、遅刻などをしてしまうと印象が悪くなってしまうので、必ず避けてください。また、この時にお店側の態度を見るようにしましょう。

高圧的な態度をとられたり、雑な対応をされたりした料亭には体験入店を断るようにしてください。

そういった料亭は労働環境や女性への待遇が酷いことが多いので注意しましょう。面接は主に天王寺の喫茶店やファミレスで行われることが多いです。

採用される女性には面接後すぐに、採用と伝えられることが一般的です。

②飛田新地を車で案内してもらう

採用されると、いきなり料亭に行くのではなく、まずは飛田新地を車で案内してもらいます。

飛田新地の案内を通して、飛田新地の街並みを知ってもらうことはもちろんのこと、飛田新地に対するイメージや働く意欲を再確認させる意味合いがあります。

もし、本格的に飛田新地で働くことになれば、街を一人で歩くことも増えるので、飛田新地の街をしっかりと紹介してもらいましょう。

この案内は基本的にオーナーが行ってくれます。このときにオーナーと少しでも親しくなったり、飛田新地で働く上で大切なことなどを聞いたりしておくと良いでしょう。

③体験入店の店舗へ行く

一通り飛田新地を案内されたら、体験入店の店舗に行きます。

料亭に着くと、仲居さんを紹介してもらいます。その場にいた他の女性も紹介されることもあるので、しっかりと自己紹介をしておきましょう。

今後、一緒に働く仕事仲間となりますので、コミュニケーションをとって、良い関係を築くことが大切です。

その後は店舗内の案内やお仕事の流れなどを説明してもらいます。

④働く準備をする

お店や仕事について、説明し終わったら、実際に働く準備をしていきます。

コスプレや衣装、備品などはお店が準備してくれるので、事前に持っておく必要はありません。

女性は料亭の玄関に座っているだけで、通りを通るお客様に声を掛けるのは仲居さんの役目となっています。

女性はお客様に直接声を掛けて営業できない分、見た目がとても大切なので、この準備段階でしっかりとメイクをしましょう。

オーナーさんや仲居のおばちゃんに聞けば、あなたに合ったメイクや衣装を教えてもらえるかもしれません。

⑤料亭の玄関で男性客を待つ

準備が出来たら、実際に料亭の玄関で男性客を待ちましょう。

いわゆる「客引き」です。上記でも述べたように、女性は直接お客様に声を掛けることができません。

そのため、笑顔を絶やさないことを意識したり、手を振るなどの仕草をしましょう。

見た目や仕草でいかにお客様の魅了できるかが、重要になってきます。

最初は慣れない部分もあるかもしれませんが、仲居のおばちゃんが一生懸命あなたのこともアピールしてくれるので、過度に心配する必要はないででしょう。

⑥お仕事体験する

お客様が来ていただいたら、2階に案内しましょう。

ここからは上記の業務内容でも述べたように接客をしていきます。

まずはお茶とお菓子を持って部屋に行きます。店舗によってはビールもあります。

その後、ゴムフェラとゴム本をして、一通りのお仕事が終了となります。

1人のお客様を接客する時間は平均的に15分~20分程度となります。接客が終わったら、また待機して次のお客様を待ちます。

⑦お給料をもらう

飛田新地では日給・完全歩合制となります。

その日に対応した、お客様の人数と接客時間に合った給料をもらってください。給料をもらったら、体験入店の終了となります。

体験入店を通して、また働きたいと思えたなら、次に働ける日程をオーナーに伝えましょう。

もし、働くのは無理だと感じたなら、素直に断っても大丈夫です。

体験入店なので、慣れないことが多いはずです。思ったように稼げないこともあるかもしれませんが、継続していくことで稼げるようになるはずです。

人気の女性になれば、日給15万円程度を稼げるようになるので、諦めず続けてください。

飛田新地の体験入店で必要なもの

面接時の写真

飛田新地の体験入店で必要なものを紹介します。体験入店をする際は下記の2つが必要となりますので、必ず持っていくようにしましょう。

  • 本籍入りの住民票
  • 化粧道具

本籍入りの住民票は市役所や区役所に行くことで、準備することができます。

化粧道具は料亭にも準備されていますが、普段使用しているものの方が使いやすいはずなので、持っていくと便利です。

仕事終わりのメイク落としなども使い慣れているものを使用したほうが良いですしね。

まとめ

面接の風景

今回の記事では飛田新地の体験入店について詳しく紹介しました。

飛田新地の業務内容を本格的に働く前に一度確認しておきたい人は、体験入店をしてみましょう。

体験入店といっても、給料や働き方は普段働いている人と同じ待遇を受けられます。

最初から上手く稼げるとは限りませんが、体験入店でもかなり稼げるでしょう。一度体験入店をして、飛田新地が自分に合っているか確認してください。